アウトプットブログ

主にアウトプットの一環でブログを書いていきます。読書感想・書評(気付き・学び・名言・要約)を中心に日々の出来事や学び・気付きを書きます。メンターは、鴨頭嘉人さん、大嶋啓介さん、西野亮廣さん、櫻庭露樹さん、稲盛和夫さん、樺沢紫苑さんなど。世の中の役に立つ人間になりたいです。「子どもが夢や希望を持つ、子育てで悩んでいるお母さんの役に立つ、人の夢の実現や成長のサポートができる」そんな人間になります。そのために学び続けます!

読了)ゴミ人間

ゴミ人間

著:西野亮廣

 

読了しました。(12月31日)

 

2日かかりましたが

一気に読んじゃいました!

f:id:output001:20201231150553j:image

 

今回は書店予約(注文)で直筆サイン入り本を購入しました。

 

先日公開開始した「映画えんとつ町のプペル」に関連した内容ですが、これまでの西野さんの生き方や考え方、えんとつ町のプペルにかける想いを感じることのできる一冊です。

 

映画を観た後に読みましたが、映画を観る前に読んでいたら、見方が違っていたな、と思いました。

 

結論、

映画えんとつ町のプペル

 

また観たいです。

 

☆ルビッチのセリフ

『誰か見たのかよ。

 誰もみてないだろ?

 だったら、まだわからないじゃないか。』 

 

このセリフを胸に刻みます!

---------------------

 

クラウドソーシング⇢インターネットを通じて不特定多数の人に仕事を依頼する仕組み

 

クラウドファンディングは、資金調達の手段ではなく、共犯者作りの手段 

 

☆ルビッチのセリフ

『誰か見たのかよ。

 誰もみてないだろ?

 だったら、まだわからないじゃないか。』

 

◯リーダーは、もともと「チームを束ねる力」を兼ね備えているわけではない。チームを束ねる立場になってからら必要に迫られて「チームを束ねる力」を手に入れる。

 

◯正解を選ぶのではなく、選んだ道を正解にする。

・リーダーがやってはいけないのは多数決→責任を自分でとらなくて済む。(メンバーの責任にできる)

・全員が反対しても、結果的に全員を守れるのであれば、反対意見を押し通すのがリーダーの仕事。

・リーダーが必要となるのは「正解のない問題」と対峙したとき。選んだ道を正解にする。そのための施策を全て打つのがリーダーの仕事。

 

◯ノンちゃんの話

 

◯お客は「顧客」と「ファン」と「ファンだった人」の3つに分けられる。

・顧客⇢サービスを買う人

・ファン⇢サービス提供者を応援する人

・ファンだった人⇢サービス提供者を私物化する人

→サービスを提供し続けたいのであれば「ファン」を作れ。「お金」を学べ。「広告」を学べ。「集客」を学べ。